読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球をたのしむ

地球(での人生)を(うけいれて)たのしむ・探求ブログ by 一悟術士・Hide

3月に入って

1月、2月と、自分らしい位置に立って歩き始めた感じだったのですが、

3月に入って、目の前の景色が見えてきたような感じがします。

 

目の前に広がるのはこの1年の道のりなのか、

もっと先まで続いているのか。

 

広大過ぎて、急いで行くような感じではありません。

 

長い道のりを見据えながら、

歩き出すようなイメージです。

 

また見据えることは、

潜在意識的な準備にもなっていきそうです。

 

そして4月からの少し速い流れに向けて、

心身の準備を進めていくと良さそうです。

 

3月で何かが切り替わったようにも思いますので、

個人的にはその流れに乗っていけたらと思っています。

 

  

 

孤独をうけいれる

個人的に、昨年末からテーマになっていることがあります。

 

 

それは、孤独をうけいれることです。

 

 

小さい頃から、人間関係は得意でなかったのですが、

だからこそ、豊かな人間関係に憧れる部分がありました。

 

 

ただそれは、学校のクラスでいうと、

中心グループにも、また別のグループにも属していない、、

 

でもどのグループの人とも、普通に仲が良い、

そんな人のイメージでした。

 

 

どうも、孤独に向かっていくと、孤独になる、

というのは実は違うようです。

 

 

孤独に向かっていき、孤独をうけいれていくと、

やがて自分本来の位置に居られるようになる。

 

そして自分らしさを抑圧することなく、

人間関係を築いていくことができる。

 

 

ここを目指して、意識の上では、

孤独へ孤独へ向かうようなイメージを持って過ごしています。

 

すると面白いもので、逆に孤独な感覚が減ってきています。

 

 

そして、人をうけいれやすくなってきたような気がします。

 

なかなか不思議な感覚です。

 

 

 

お金はエネルギー!?

1月に鎌倉に行った時に、銭洗弁天という神社に行きました。

 

 銭洗弁財天宇賀福神社 - Wikipedia

 

 

ここにはお金を洗うところがあるのですが、

他の参拝者を見ると、なんとお札まで洗っていました。

 

一瞬えっと思ったのですが、、面白そうなので洗ってみました。

 

 

新年ですし、一度お財布の中のお金を、

全てキレイにしてみるのも良いかと思ったのです。

 

 

洗ってみて、確かにすっきりした感じがありました。

 

 

その時になぜか、お金はエネルギー、

ということがすっと腑に落ちた感じがしました。

 

お金もエネルギーの一種であって、水のようなもの。

ただ流れている。

 

 

だからこそ、水回りを掃除すると流れが良くなって、

お金の流れまで良くなったりする。

 

 

お札やコインがお金、ではなくて、

お金というエネルギーの一形態が、お札やコインなのだと。

 

 

なぜかそんな風に突然、

お金はエネルギー、が腑に落ちたのでした。

 

 

 

3/5(日)、3/11(土) 覚醒塾 第1ステージ第1ターム 無料説明会 @大阪市内

3/5、3/11に覚醒塾 第1ステージ第1ターム 〜自分の本音に合った選択の技術〜

無料説明会を開催します。

 

覚醒塾について、ブログで案内はしたものの、

なかなかそれだけでは、感覚的に掴みづらい部分もあるのではないかと思います。

 

そこで今回、直接お会いしてお話しする機会を設けたいと思い、

無料説明会を開催することにしました。

 

説明会と言っても、お茶会の感覚で、

リラックスした雰囲気でお話しできたらと思っています。

 

単に、話だけ聞いてみたい、というだけでも結構ですので、

お気軽にお越しいただけたらと思います^^

 

 

 

 日時:   ①3/5(日)14:00〜15:30  ②3/11(土)14:00〜15:30

 場所:   大阪市内(場所は参加者に別途お知らせします)

 参加費:  無料(お茶代実費)

 お申込先: hide☆sun.2-d.jp(☆を@に変換願います)まで、

       お名前、参加希望日をご記入の上ご連絡ください

 

 

 

覚醒について

今日は、覚醒ということについて考えてみたいと思います。

 

 

以前は覚醒というと、何か特別な、悟りとかそういうイメージを持っていました。

 

今はどうかというと、普通のことというイメージです。

 

 

よく人は、潜在能力の数パーセントも使っていないと言われます。

 

 

おそらく人は、本来子供のように感性豊かな存在なのだと思います。

 

しかし、成長過程で、自分に蓋をしていきます。

 

そして、蓋をしている状態が、今の大人の普通になっています。

 

 

自分の感性を閉じて、機械のように動けることが、多くの大人には求められています。

 

そこを開いていって、自然体になっていくことが、覚醒なのではないかと。

 

 

感性を開き、自分の本音に気づき、自分本来の性質や才能を使って生きる。

 

そんな普通なことが、覚醒なのではないかと、今は感じています。