読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球をたのしむ

地球(での人生)を(うけいれて)たのしむ・探求ブログ by 一悟術士・Hide

武田・奥方の懐刀

徒然日記

先日甲州に行く機会がありました。

 

 

集合までに時間があったので、

甲府駅近くの武田神社に行きました。

 

甲斐 武田神社

 

 

武田信玄公を祭る神社です。

 

 

中に宝物館があったので、一応行っておこう、

という軽い気持ちで入りました。

 

300円払う価値があるのか疑いつつだったのですが、

ある刀を見た事で、軽く元を取れたと思いました。

 

 

それは武田の奥方が代々使用していた、懐刀。

 

 

身を守る刀だからか、

どこか優しさも感じるような美しい短刀。

 

通常の刀と違って、

女性的な雰囲気を持っていました。

 

 

切れ味は鋭く、

腹を切るときにも無痛なのだとか。

 

 

戦国時代は刀に命を預けていたわけで、

刀は単に人を切るもの、ではなかったのだと感じました。

 

 

特に名工の作る刀は、

命が宿っているような気がしました。