読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球をたのしむ

一悟術リーダー/一悟術ヒーラー/感情カウンセラー Hideのブログ

セッション
 ⚪️セッションについて

イベント案内
 ⚪12/17(土) リーディングお茶会 @大阪
 
⚪12/25(日) 癒しスタジアム in 大阪 出展




嫌われる、好かれる

人は大人になる過程で、

様々な仮面をつけていきます。

 

 

小さな頃は自然体で生きていたとしても、

 

心の傷が深くなっていくと、

それを守るために、仮面を身につけていくようです。

 

 

大人になってから、

自己成長を進めていくと、

 

どこかで、これを外す段階にぶつかります。

 

 

仮面をつけて生きてきたけれど、

本当の自分は違うのではないか。

 

 

でもそんな自分を出してしまったら、

周りにどんな反応をされるかわからない。

 

きっと、嫌われてしまうだろう、、

 

 

私もそう思っていたのですが、

必ずしも、そうではないようです。

 

 

たとえば、

 

分かりやすい例として、

芸能人が、本当の自分をカミングアウトすることがあります。

 

 

実は毒舌だとか、オタクだとか、同性愛だとか、、

 

 

本人は必死に隠してきたことだけれど、

実際にはそれを出してから、人気が出たりしています。

 

 

もちろん反応したり、嫌われたりもしますが、

それ以上に、好かれているようにも見えます。

 

 

これは、

本人がより自然体に、生きているからかもしれません。

 

 

また、嫌われる、好かれるの分かりやすい例として、

HKT48の指原莉乃さんが挙げられます。

 

総選挙で史上初の2連覇をした指原さんですが、

ネットでは、毎日ひどい悪口を書かれているそうです。

 

 

好き、嫌いは、

その方が、内面を投影して、(反応して)感じることもあります。

 

そのため、

100%のコントロールは不可能です。

 

 

そうであるなら、

仮面を外して、ありのままで生きる方が、たのしいかもしれません。

 

 

なかなか腑に落ちてなかったのですが、

 

世間をみると、確かにそうだなと感じます。

 

 

ましてや、

 

全ての人に嫌われる、、

 

なんてことは、

幻想のようです。

 

 

むしろ、

 

多くの人に好かれる、、

 

かもしれません。